「スタンダードプラン」

比較的ダメージの少ない車や、中古車購入時になどに

 

スタンダードプランには、一段階の機械研磨が含まれています。
これは、塗装表面の軽いダメージ(くすみ/洗車傷/オーロラ)の修正レベルに適した研磨を行い、
深みのある美しい光沢を取り戻し、そのまま最終仕上げに移行しても良い状態を作り出します。
軽度のダメージを取り除く為、バフやコンパウンドも比較的研磨力が弱く、磨き傷を付けない組み合わせを選択しますので、
塗装にも優しいプランです。

ステージ1: 表面処理

 

ホイールクリーニング工程

 

•鉄粉除去剤、及び中性シャンプーを使用します
•汚れを柔らかな毛筆やクロスを使用し取り除きます
•この時ピッチ、タール等が付着している場合もクリーナーを使用し取り除きます
•ダストがホイールに焼きついている場合、可能な限り除去します(ひどい場合、別途お見積りします)
•ブラシとステインリムーバーを用い、タイヤの汚れを除去します
•ホイールナットホールは酸性ケミカルを使用して除去
•エアブローとヒートガンにて乾燥して終了です

 

 

 

ボディクリーニング工程
•下周りの埃やピッチタール、鉄粉などを専用クリーナーで取り除きます(鉄粉除去パッド使用)
•ドア内、ヒンジは柔らかい細毛ブラシでクリーニングします
•水道水は軟水化したお湯また水を洗車に使用します
•ボディの汚れ具合によりスノーフォームを使用し、表面の汚れを分解させます
•柔らかい細毛ブラシを用い、ボディの隅や隙間を洗浄します
•pH中性シャンプーを使用し、洗浄します。車両の塗装ダメージを極力抑えたクリームシャンプーです
•洗浄時にはウールミット、またはマイクロファイバークロスを使用し、こまめに砂や埃を落としながら洗車します
•洗車で落としきれなかったピッチ・タール汚れは専用クリーナーを使用し除去します
•塗装パネル、ガラスに付着している鉄粉を処理します(鉄粉粘土、クリーナー使用)
•スケール除去剤と油脂分除去クリーナーを使用し、ボディに蓄積していたすべての汚れを除去します
•柔らかく、フカフカのコンコースドライタオルで乾燥させた後、エアーブローで水分を吹き飛ばして乾燥させます

 

 



表面検査(膜厚測定)

車両は、超音波塗料深度ゲージを使用して、1μ単位で測定を行います(樹脂パーツおよびカーボンパーツが含まれます)
高輝度照明により、車両の状態(傷、シミ、くすみ)を分析し、最適な研磨方法を行う準備をここまでで完了させます

 

 

 

 

 

ステージ2:塗装修正・研磨


塗装の状態、カラー等を考慮し、様々な機器で塗装表面を研磨します

比較的軽いダメージの塗装状態を想定していますので、1工程の研磨を行います

 

•車両塗装用マスキングテープでゴム/プラスチックトリム/ヘッドライト/ワイパーガーニッシュ/エンブレムなどの細かな部分を塞ぎます
•1工程でもくすみ、洗車傷、オーロラは除去する事が可能です(深い傷や陥没痕は残ります)

 

 

 

 



ステージ3:塗装保護


スタンダードプランの最終段階は保護の為、塗装に様々なコート剤をレイヤーしていきます。これは光沢を高め、汚れの蓄積を減少させ、将来的に塗装に新たな汚れやダメージが発生する事を防ぎます




ボディワーク

標準として、高品位フッ素樹脂、プレミアムカルナバワックスの2つのコートが塗装に施され、6~12ヶ月の保護効果が期待できます

弊店ご利用歴のある方にはさらにハイエンドのワックスや硬化型シーラントを含むいくつかのアップグレードオプションをご用意しています

塗装の状態や保管環境など考慮したうえでお申し付けください


ホイールワーク

アロイホイールはホイールシーラントを高温で焼き付処理され、ブレーキダストや埃、泥汚れの再付着防止に役立ちます

タイヤは自然なゴムの状態を演出するよう、そのままの状態を推奨しますが、ご希望があればタイヤドレッシングを施工します

 

 

仕上げ

 

•ガラスの内側と外側をガラスクリーナーにて仕上げます
•ゴムモールまたはゴム部分を専用のゴム・樹脂保護剤で保護する場合は有料となります(別途お見積り致します)
•メッキモール装着車はモールコートを行います(無料です)
•マフラーエンドを金属研磨剤を使用して磨きあげて完成です



価格設定

スタンダードプラン 48,000~
合計所要時間:3日~
価格は目安であり、車のサイズと状態によって変わります(詳しくはこちらから